新着情報

新着情報

アーカイブ | 
賃貸と購入、どちらが良い?
2018年06月14日 | 新着情報

家を購入しても、賃貸に住み続けても、住まいに係る費用は一生かかります。その住居費はどちらが安いのでしょうか?

◎住居費比較

購入の場合、一戸建ての住居費は毎月の住宅ローン返済、毎年の固定資産税、リフォーム費用がかかります。(マンションは毎月のローンのほか管理費・修繕積立金(3万円程度)の支払いがあります。)

賃貸の場合、住居費は家賃プラス2年に一回の更新料、家族が増えたときには引っ越し費用、仲介手数料等がかかります。

立地や面積など、住み心地がほぼ同じ物件を選ぶ場合、賃貸と購入の50年間の総住居費用は大きく変わりません

 

購入は、初期費用が掛かりますので、最初に費用がかかりますが、「買った家が資産として残る」メリットは大きいです。子供の教育費や老後の準備等のライフプランが立てやすいでしょう。

賃貸は、初期費用はかかりませんが、購入よりも老後の費用が多くかかります。購入は住宅ローン完済で住居費は当然下がりますが、賃貸は一生家賃の支払いが続きます。老後、賃貸物件探しが容易にできるとも限りません。

結論としては、若いうちは「賃貸」でも良いと思うかもしれませんが、老後を思うと「購入」が安心といえるでしょう。

 

弊社自社分譲地「甲斐市中下条№3」販売中です!↓

おかじま食品館まで徒歩6分!、中下条公園まで徒歩4分!閑静な住宅街の一画です。現地をご覧になり、ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください!

 

 

 

新着情報
ページの先頭に戻る